アイフルでおまとめローンの利用はどんなメリットがあるのか?

アイフルは複数のカードローンをまとめる「おまとめMAX」と「借り換えMAX」というものがあります。おまとめローンについても、利用してみたいけど、どういうものなのかを詳しくしりたいという人に、おまとめローンについてをまず詳しく説明し、その上でアイフルのおまとめのサービスについてを解説していきますので、アイフルのおまとめローンを利用してみたいと考えている人は、是非、このページを参考にしてください。


おまとめローンとは

おまとめローンというものは、現在、カードローンやクレジットカードのキャッシング枠での借入に対し、1つにまとめるコトができるといったものです。
イメージとしては、以下の図を参考にしてください。



このように、アイフルが他のカードローンで借入残高分を利用者へ貸付けを行い、
利用者が、各々の業者に借りた資金を返済に充て、アイフルのみの借入となり、あとは、通常のローンのように毎月の返済を繰り返していくといったものになります。


よくある誤解ですが、
おまとめローンといったものは、おまとめローンを利用した会社が、借入している業者同士やり取りをし、勝手に返済してくれるというイメージを持つ人がいますが、これは間違いで、まず、おまとめローンの契約者が、残高分を振込にて借り入れをし、各々の業者に対し、一括返済を行います。
この後に、おまとめローンとして毎月の返済のみとなる形になるわけですので、
審査に通り、他の業者に対し、返済する、しないというのは 契約者本人の責任で行います。


ただ、返済オンリーとなり、今後借入は出来ませんが、実はおまとめローンにて完済した業者に対し、契約は残っているので、再度、貸付限度額分は借入ができてしまいます。裏を返せば、おまとめした分そのまま再度借入できてしまうということです。


ただし、このおまとめローンというものは、利用者の利益として考えられた商品であり、
利用者も返済のみにしてもらうことで、これ以上借金をしないようにという救済措置としての利用をしなければ、前よりも返済はキツくなるので、利用に対しては、責任をもって行わなければなりません。


アイフルは貸金業法に基づいた「おまとめローン」となる

アイフルの場合は、消費者金融であるため、総量規制の対象となることは上記で説明しましたが、
これにより、貸金業法に基づいたおまとめローンといった商品となるので、
何が違うかというと、直接の現金を申込者に振込まれるといったコトはありません。
イメージするとこのようになります。
下記の図を見てください。



このように、おまとめした分は、おまとめMAXとかりかえMAXでは、直接申込者の手に渡るコトはなく、
業者から業者へ直接振込にて返済をされます。
さらに、こちらが指定した業者のみまとめるコトが可能です。
これはどうしてかというと、例えば、

  • A社→18.0%で契約
  • B社→15.0%で契約
  • C社→10.0%で契約

となっている場合は、おまとめMAXでおまとめローンを利用すると、
最低でも12.0%でもおまとめとなるため、C社の契約状況でおまとめすると逆に高い金利に借り換えとなるため、
アイフル側も、おまとめをすると利用者に利益でなく損をもたらすため、ことが出来ません。


なので、この場合は利用者の利益となる、A社、B社でのみ、おまとめMAXと、かりかえMAXは利用可能です。


おまとめ方法も、業者同士の話はなく、こちらがおまとめしたい業者を指定し、
その返済金額を伝えることで、直接、アイフルが各業者に振込にて返済をします。
このときに、振込みの名前は、「契約者本人のフルネーム」で振込といった流れになります。


おまとめローンを利用するメリットはなんなのか?

このおまとめローンを利用するメリットというものの最大のメリットは、金利が安くなりながら、返済先を1本化するといったことが最大の利点です。
後は、アイフルは、消費者金融なので、通常の借り入れには「総量規制」というものがあり、
年収の1/3までしか借入は出来ません。


ですが、貸金業法では、利用者に「一方的に利益となる商品」というものに対しては、総量規制対象外となるため、
年収の1/3を超えている場合でも利用可能というものなので、現在年収の1/3以上借入しているという人でも利用可能です。


これに加えて、上記で伝えたように、利用者に一方的に利益になる商品にしなければならないので、
現在の金利よりも低くなります。
アイフルのおまとめローンは、金利幅が、12.0%〜15.0%であるので、複数の借入をしている場合は、
最も低い金利に合わせられる、もしくは、全体的に低金利になるのどちらかが必ず適応されます。



アイフルには2種類のおまとめローンの解説

まず、アイフルのおまとめローンは2種類のサービスがあります。
「おまとめMAX」と「かりかえMAX」です。


この二つは、複数の借入をアイフルだけで一本化するという点では同じですが、
それぞれスペック上に若干の違いがあります。


おまとめMAXのほうは、安定した収入がある人で、満20歳以上、これまでアイフルを利用したことがある方のみ利用可能です!
金利については、上限金利がかりかえMAXよりも低いのが特長です。


一方のかりかえMAXは、同じく安定した収入がある満20歳以上の人間に申込資格がありますが、こちらはアイフルを初めて利用する方に限ります。


また、かりかえMAXの金利はおまとめMAXに比べて金利は高いですが、現在借入している金利よりも同等、もしくは必ず低くなります。


このように、それぞれ内容の
異なる二つのおまとめローンが用意されています。


私はすでにアイフルの他、2社を利用していたので、「おまとめMAX」を利用しました。実際に利用してみて良かった点を以下にまとめてみましたので、参考にしてください。
ちなみにアイフルのおまとめローンのかりかえMAXとおまとめMAXですが、こちらは、返済プランを事前に3年、5年、7年、10年での完済というものを設定してローンを組みます。各々返済額も変わってくるので、こちらも以下にまとめておりますので、参考にしてください。

毎月の返済額の総額が減った!

アイフルのおまとめローンを利用するメリットは、
なんといってもこれを利用することで返済負担が減らせることがあります。


なぜ減らせるのかといえば、
複数の借入を一本化することにより低金利を実現し、
月々の支払い金額を少なくすることができるからです。


月々の支払い金額が少なくなれば、
全体の負担も軽くなることはいうまでもありません。


もちろん、借金を完済するまでの総支払金額も減りますし、
アイフルのおまとめローンは返済専用ですから、
借金が今以上に増えることもありません。


かりかえMAX、おまとめMAXで12.0%の金利にておまとめローンを組んだ場合の返済額

3年払いの完済例

借入金額 毎月の返済額 完済に支払う利息の総額
100万円 34,000円 186,875円
200万円 67,000円 380,684円
300万円 100,000円 574,522円
400万円 133,000円 768,359円
500万円 167,000円 955,230円

5年払いの完済例

借入金額 毎月の返済額 完済に支払う利息の総額
100万円 23,000円 312,430円
200万円 45,000円 645,006円
300万円 67,000円 978,041円
400万円 89,000円 1,311,166円
500万円 112,000円 1,622,980円

7年払いの完済例

借入金額 毎月の返済額 完済に支払う利息の総額
100万円 18,000円 456,044円
200万円 36,000円 912,146円
300万円 53,000円 1,412,311円
400万円 71,000円 1,868,072円
500万円 89,000円 2,323,964円

10年払いの完済例

借入金額 毎月の返済額 完済に支払う利息の総額
100万円 15,000円 637,643円
200万円 29,000円 1,368,566円
300万円 44,000円 2,003,951円
400万円 58,000円 2,737,267円
500万円 72,000円 3,472,719円

これらをまとめると、返済額は、長期の方が、低くなるが、長期になるほど返済額は増えていきます。
これが完済までの期限という利益という時間的な利益と考えるか、多少きつくても早く、返済してもう借金はしないと考えるかという部分ですが、
こうして完済までの期限があることは実は大きなメリットで、
通常のカードローンとしての利用だと、完済するまでの想像が付きにくいというメリットがありますが、
あと〇年の〇ヶ月で完済すると明確にわかっているコト、それに返済のみなので、借金が大きくならないというメリットもあります。


ただし、返済額を多く返済して完済までの期間を早くしようと考えていても、ローンの組み直しなどの手続きをふむ必要があるので、
何かとややこしいので、返済の自由度が減るのは確かですが、キチンと完済をしたいと考えている人にとっては、これらの条件は非常にメリットとして捉えるコトができます。


返済の手間が省ける

別のメリットとしては、
返済の手間が省けることがあります。


これまでは複数の借入がありましたので、
その件数ごとに返済をしなければなりませんでしたが、
借金を一本化することによって、返済を1社だけにすることができます。


これによって時間と手間を短縮できるようになり、
返済の面倒を減らすことができます。


また、複数の借入があるとそれぞれに
完済日付などを覚えておかなければなりませんが、
おまとめローンで一本化すれば、日付は一つ覚えておくだけでよくなります。


これも返済者の負担が軽くなるメリットといえるでしょう。