アイフルでお金を借りる人は、
アイフルで借りるメリットとデメリットを見ておかなければなりません。

 

特に借入で重要なのが金利と借入方法ですが、
この点はいくら大手消費者金融のアイフルといえども、
利用前にしっかりチェックしておかなければなりません。

 

この記事では、アイフルの金利について、
借入方法について、さらには会社について、
それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

 

アイフルのメリットについて

アイフルの借入方法については、
スピードが早くて利便性がいいことが挙げられます。

 

例えば、アイフルでは窓口や契約機だけでなく
インターネットからも契約できますが、このネット契約を使うと、
自宅に居たまま外出することなく申込手続きを行うことができます。

 

またスピードに関しては、
アイフルなら借入に必要な手続きを
全部その日のうちに完了させることができます。

 

すなわち、即日審査、即日融資ができるということです。

 

さらに融資方法のバリエーションが広く、
通常のキャッシングに加えて、
限度額を低く抑えたローンや、借換専用ローン、女性のための女性専用ローンまであります。

 

こうした速さ、利便性のよさ、バリエーションの広さは、アイフルの優位性を際立たせるものとなっています。

 

アイフルのデメリットについて

アイフルの金利については、
どちらかというとデメリットのほうが多いでしょう。

 

というのは、アイフルは消費者金融ですが、
消費者金融は銀行よりももともと金利が高く設定されているからです。

 

銀行と比べずに見れば気にならないという人もいますが、
銀行の利率と比べれば明らかに高いので、その点で不利だといえます。

 

ただし、かつてはグレーゾーン金利によって
20パーセント以上の利率が普通だった時代があったことを考えれば、
今の消費者金融の金利はその頃よりはだいぶ低くなりました。

 

会社の特長について

アイフルという会社の特長において最大のものは、
ここが独立系消費者金融であるということです。

 

独立系であるということは、
大手メガバンクグループに所属しておらず、
そうした大手金融機関からの指図を受けることなく自由に経営ができることを意味しています。

 

これはアイフルにとってのメリットですが、一方で、
自身が財政難に陥ったときは、
独立系消費者金融は親会社の後ろ盾がないので、
ただちに倒産しなければならなくなる可能性があります。

 

こちらは逆にアイフルにとってのデメリットになります。